モチーフを画面にどう構成するか、それが問題だ!

ども!ぱるみじゃーのです✨

横山くんからもらった宿題シリーズ(笑)
どうやったらいい感じに写真が撮れるの?

今回の写真提供者は渡部ちゃん。
彼女が取った写真はコチラ✨

6A4AC8B8-5908-46A7-96B7-161B8573A2CD.jpg

東京の山手線の新しい駅の
高輪ゲートウェイ駅ができて
初めて行ったときの写真です


彼女としては

「すごく近未来的ですごーって思ったのに
写真に全然それが出なくてイマイチ」

だったんだとか


原因とそれぞれ変えてみたらいいポイントを
考えてみましょう✨

原因①近未来的な特徴を捉えていない

「近未来的で感動した」
という彼女の言葉が表しているように
この写真で伝えたかったことは

・建物(空間)が近未来的であること
・近未来的であることに感動したこと

なんですよね。


ただ、写真を見る限り
近未来さがあまり表れていないのです😂

例えば、下の写真を見てみてください。
アメリカのワシントンSF博物館です。
縦の格子状のところや、
全体のフォルムが画面に収まると、
その近未来的な特徴が捉えられるでしょう。

7EBE7CE3-B65C-42B8-B4FA-6DEA527C5276.jpg

今回の写真は、構図が1番のミソなので
撮影後の編集よりも
そこにかかっていたと言えるでしょう。

構図って言ってもなぁ?
よくわからないという方✨

身近なモノを色んな角度で撮って
どんなふうに伝わるか
試してみたらいいと思います。


折り鶴の写真でも
構図って色々あるんですよね。


オーソドックスに
「折り鶴らしさ」を伝えたいときは……

598A4FE6-FD0C-4A25-98B1-F9688AED0515.jpg

・顔、羽、尻尾があること
・立体的であること
・紙の質感

を意識して撮るといいです。
折り鶴ってわかってもらえますよね。

一方で、例えばこんな構図はどうでしょう?

B32EEAA8-D80B-4B37-93ED-0344047179C0.jpg

鶴の胸元あたりから
アップで撮ったような構図です。

折り紙であることは
紙の柄や口元の重なり具合で伝わると思います。

でも、鶴らしいですかね?


ではこんなのはどうでしょう??

89449142-C9F7-4E4C-BD30-DEC034BC9467.jpg


チョコボ設定です(笑)
大きな鳥の背中に乗って、
乗り物感覚時点で鶴を取ってみました。

とたんに、
自分が小人になった気分ですよね。


こんな感じで
モチーフには色んな側面があります。

どんな角度で、配置で画面に構成したら
伝えたいメッセージになるか
色々取って試してみてはいかがでしょう??😚🌈

この記事へのコメント