イルミネーションの感動を写真で伝えるには?

とも!ぱるみじゃーのです✨

横山くんからもらった宿題シリーズ(笑)
どうやったらいい感じに写真が撮れるの?

本日は第3弾!!
ケーススタディをご紹介します☺️

今回は横山くんからもらった
実際の写真例を使って
改善ポイントを伝えていきたいと思います〜😆🌸✨


3E8E9293-1851-4185-85B9-04C048108962.jpg

3C78AADE-2343-4E12-8E5D-041AEBC84A66.jpg

こちらの2枚の写真。
横山くんとしては、イマイチ写真。

どういうところかというと

自分の目で見たときのような感動がない。。。


とのこと。

そもそも………

イルミネーションを見て感動するって
どういうことなんでしょう??

感動を分析すると
こんな感じではないでしょうか?😌


◆コントラストがはっきりしてて
イルミネーションの光がキラキラして見えるから

夜の景色に対して
光の数、量、配置のコントラストのバランスが
絶妙だからキレイってなったんだと思うんです。

ライトの数が少なくてもダメだし、
ホタルのようなわずかな光でも「イルミネーションのような」人工的な強いキラキラではないわけです。

ライトの全体的な配置のバランスも含めて、
総合的に整ってはじめて、わああああっという
あふれる感情につながるんだと思います。

横山くんの写真は、
確かにイルミネーションは写ってるんですが
キラキラ度(光量)が全体のバランスに対して
少ないんじゃないかと思います。


◆「モノを見るしくみ」を理解して構図づくりをする

人の目は、カメラほど
客観的に像を映してはいません。

網膜から入ってきた膨大な光の情報のなかから
自分に必要な情報を、脳が取捨選択しているのです。

目と脳の仕組みについて
簡単な一例はコチラを参考に♪



つまり、どういうことかというと

イルミネーションに感動した!!
イルミネーションしか眼中にない!!
「頭の中は」画面いっぱいイルミネーション

という状態なんです。

だからこそ
写真のフレームに対して、

・イルミネーションの面積を増やすこと
・イルミネーション以外のモノ・背景を目立たなくすること

が、より「主観的な感動」を
印象づけられます😚

横山くんの写真は、
画面に対してイルミネーションの面積が少なく
特に2枚目は、横断歩道の白、道路の物体?の黄色がかなり目立っているので、
イルミネーションの輝きの印象を弱くしていることが考えられます。


ではでは、具体的にどう改善したらいいか
2つの方向で解説したいと思います😘


①撮影のときの改善点

露出度をあげる
イルミネーションなどの夜景を撮影する場合
夜景モードで撮影するとよいです。

通常より光の取り込む量を増やしてくれるので
ライトの輝きを表現しやすくなります。

iPhoneなどのスマホでも
夜景モードはあるので、簡単に撮影できます。

光を多く取り込むために
通常よりシャッタースピードが遅くなるので
手ブレを起こしやすいデメリットもあります。

撮影するときは
しっかり固定させてプルプルしないように
工夫しましょー!笑


イルミネーションの画面の面積を増やす
構図編でも書きましたが
伝えたいメッセージに合わせて
画面の中にどうモチーフを構成するかが大事です。

今回の場合、イルミネーションに「感動した」
という主観的な感情を伝えたいので、
画面に対して大きい割合で構成するといい感じです。

例えばコレとか✨

ABB6A2BB-C2E4-4513-BBE6-7DBE539DFBD5.jpg

手前の光は、ピントがぼやけるほど
近づけた状態にしていますよね。

画面の3/4にイルミネーションを構成しつつも
ピントを中間の人物に合わせることで
奥行きも出しています。


②素材を活かして修正した場合

横山くんからもらった
写真を加工してみました☘️

0CD325C0-EEE6-4A5A-BEEB-654072D3AB1B.jpg

754BAEB5-C9B6-42C3-818A-53EB7E50C939.jpg

光量を増やすために
特に数値をプラスに変えたところは
・ブリリアンス
・ブラックポイント
です✨

ブリリアンスは写真の中で
明るい箇所をさらに明るくさせる機能で
ブラックポイントはその逆。
暗いところをより暗くします。

この2つを増し増しにすることで
暗闇をより暗く、ライトをより明るく
見せることができます😆

他にも
・露出
・ハイライト
・コントラスト
・明るさ
をプラスして、
全体的に明るさと暗さの差をつけています。

あと、ライトがピンクっぽい色味なので
色味をより強調するために
・自然な彩度
・暖かみ
も少し多めにプラスしています。


より主観的な視点にするために
余分な部分をトリミングしました。

1枚目は、上の方の暗いところを削り
なるべくイルミネーションの面積を増やしました。

2枚目は、横断歩道、黄色い物体を極力切り取り
暗闇とイルミネーションだけに視線が行くように調整しました。

並木道のイルミネーションで
遠巻きに撮影しているので、
あえて空の暗さはぬけ感を出すために
下の光との対比で残してみました。


いかがでしたでしょうか?

iPhoneで気軽に撮ってみる人には
簡単おすすめテクなので
一度お試しを〜😙✨


この記事へのコメント