構図で伝わるメッセージは変わる

ども!ぱるみじゃーのです✨

以前、横山くんから
どうやったら写真がいい感じに撮れるのか?
という宿題をもらって、
色味について簡単に書きました。


今日は構図編です😆😆😆

同じモチーフでも
画面にどう構成するかで
伝わるメッセージがガラッと変わります☺️

それではさっそく
よくあるパターンから見ていきましょう🌈


①モチーフの説明をしたい場合

F405A29C-22B2-4043-9EE7-7C31799CDCB0.jpg

シンプルにど真ん中に
全体が映るようにすると
モチーフがくまなく見えますよね。

このパターンのわかりやすい例が
図鑑の標本です。

モチーフそのものの全体・詳細が
まんべんなく映るようにするとよいです☘️



②特徴を見せたい場合

FBE6FDA9-FC0A-40E9-966F-46090854CC94.jpg

比較対象を一緒に写すと良いです。

ビールの種類でどんなものがあるか
缶のサイズを見せるなら、
手に持って手のサイズとの比較をすると
見せたいモチーフの特徴が際立ちます


③オシャレな感じを出したい場合

FB667193-B736-42CA-BB18-568FEB7F5E03.jpg

オシャレの定義は人それぞれですが笑

ポイントは動きを出すこと。

同じ横並びでも、
画角を変えて斜めから撮ると動きが出ます。

あえて端っこを切って
はみ出る構図にすることで、
動きが強調できますよ😋


④質感やデザインを見せたい場合

30017842-0392-43F3-99E2-9693A5E640B8.jpg

接写にするとモチーフの細部がよく見えますね。

缶のつるっとした感じとか
ライオンの細かい線描も
アップにするとよく見えます😘


⑤モチーフが置かれた「状況」を伝えたい場合

E62E65AF-5EF3-43B3-B9D8-69810CBF93F3.jpg

モチーフを含む「周り」をしっかり
構図に入れましょう。

今回は飲み明かしたあとの
テーブルの隅っこに転がってる缶をイメージして
撮ってみました(笑)

ポツンと置いておくことで
どことなく祭りの後の寂しさとかが表現できると思います。

構図じゃないですが
缶がぐしゃっと凹んでいると
荒れた飲みの場が連想されて
祭りの後感がさらに強調されます笑

さらに強調するなら、
食べ散らかしたおつまみの袋とかも
添えておくといい感じに状況が伝わると思います😝

こんな感じで
構図次第で、伝わり方は変わります😙

お試しくださいまし〜〜🎶✨

この記事へのコメント