モチーフからメッセージを編み出す

ども!ぱるみじゃーのです☘️ 横山くんからもらった宿題シリーズ(笑)どうやったらいい感じに写真が撮れるの? 今回はメッセージ編です😆🌈 このモチーフを使ってなんかいい感じの写真撮れない? というかなり無茶振りなお題(笑) それも、プロテインとゆで卵 それをなんとなくかっこよくいい感じにと✨✨ それで撮ってみた写真がこちら💁‍♀️ モノクロで手描き風✨学生時代の部活の思い出を伝えたいときにこういう写真をつけるといいんじゃないでしょうか?😆 ポイントは3つ!! ①モノトーンで「記憶」の感じをだすパッケージって色がごちゃっとしてるのでモノトーンにすると、統一感も出ます。 ②ポイっとおいた動きのある構図きっちり撮ってしまうと標本感がでるので、、笑 かつての思い出↓走馬灯とか「動画」として思い出される↓動きをだす と記憶感が出ますよね。 ③ざらっとした質感鮮明な線だと直近な感じが出てしまいますがざらっとした質感だと、曖昧さが出て「過去」の感じがより強調できます。 こんな感じで、コンビニに売ってるごく当たり前なモチーフも見せ方を変えると物語も全然変えられます😘 こちらもお試しあれ👍👍

続きを読む

リアルを大事にしているお菓子屋さん

ども!ぱるみじゃーのです😄 初めてベルンのお菓子を食べました〜🌈 ベルンはミルフィーユが有名ですが今回いただいたのはアラカルトの詰め合わせ☘️ 選ぶ楽しみがあって、めちゃくちゃ迷いました〜✨笑 上はベリーのパイ、下はチョコとベリーのケーキ🎂 見ためだけでなく味もとてもおいしくて最高でした🌸 ベルンはググってみると意外や意外。 公式ホームページもオンラインショップもない オンライン全盛時に意外ですよね😳 デパートや百貨店で店舗を出しているようです。オンラインショップ全盛期に出してなくてそれでも人気なのは、リアルで根強いファンがいると言うことなんでしょう😆 オンラインにも幅を広げたら、さらにファンが広くなりそうですね。

続きを読む

実は日本と身近なハワイアン・アーティスト:コリーン・ウィルコックス

ども!ぱるみじゃーのです! お正月といえば、ショッピング!ということで、友人の向山雄治さんが経営するセレクトショップで、お買い物をしてきました〜!! コリーン・ウィルコックスのグッズです♪ウエストポーチ、手鏡、スマホカバーの3つを手に入れました〜!! コリーン・ウィルコックスはハワイの現代アーティストで彼女のアートワークをふんだんに使ったグッズがネットショップを中心に展開されています。 まだまだ取扱いしている実店舗は少なく向山さんのセレクトショップは、コリーングッズを手に取って物を見られる貴重な店舗。色んな種類のコリーングッズが並べられていて、行くとワクワクします!! 直感的に感じるかわいいさやカラフルさの魅力に加えて、実は、日本人にとって、身近に感じられる背景を持っているコリーン作品。 一緒にそのルーツを一緒に見てみましょう!  インスピレーションのもとコリーンは、インタビューで自分の作品についてこう語っています。  世界中の過去または現役のアーティストで、あなたがインスピレーションを感じるのは誰ですか? ゴーギャンや、クリムト、アルフォンス・ミュシャ、それから、アールヌーヴォー様式とアールデコ様式の全般が好きです。そして、John Melville Kelly(ジョン・メルヴィル・ケリー)、Frank McIntosh(フランク・マッキントッシュ)、 Arman Manookian(アルマン・マヌキアン)や、20世紀前半ここハワイをモチーフ…

続きを読む